坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛原因は、坐骨神経痛の症状が現れた年齢によって異なってきます。

若い人が坐骨神経痛の症状を感じた場合で一番多いのが、腰椎椎間板ヘルニアや、梨状筋症候群といったものです。

特に、椎間板ヘルニアの場合は、体の片側に坐骨神経痛の症状を感じることが多いようです。

高齢の方に坐骨神経痛の症状が現れた場合は、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などが原因となることが多いといわれています。

他に、坐骨神経痛の症状を起こす原因となりうる病気に、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などがあり、これらは年齢には関係がなく発症するものです。

腫瘍が原因で坐骨神経痛が起こる場合、その痛みは非常に強いもので、保存的治療では完治が難しい場合があります。

軽度な坐骨神経痛の症状は、仕事や運動によるストレスが原因となっている場合もあるため、普段の生活にも気を配っておく必要があります。
posted by 坐骨神経痛の原因と予防 at 22:17 | 坐骨神経痛の原因