坐骨神経痛に関わる手術

坐骨神経痛に関わる手術は、坐骨神経痛の症状が出る原因となっている疾患によって異ります。

例えば、坐骨神経痛の原因として多い腰椎椎間板ヘルニアの手術には、ヘルニア切除手術があります。

最近では、レーザーを使った切除手術もあり、切開部分も少なく、傷の治りも早いため、入院の必要もないほどです。

腰部脊柱管狭窄症が原因で坐骨神経痛の症状が現れた場合は、神経の圧迫が多椎間にわたる場合が多いことが手術における問題点だといわれています。

また、レーザーなどの手術では適応せず、中には金属や骨移植という手段で脊椎を固定するといった手術をする場合もあるようです。

坐骨神経痛の症状をもたらす原因が何なのかということを、しっかりと診察してもらうことが坐骨神経痛の症状緩和のためには大切です。
posted by 坐骨神経痛の原因と予防 at 23:42 | 坐骨神経痛の治療