坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、お尻から太ももの後ろ側に鋭い痛みを感じるものです。

坐骨神経痛とは、実は病気ではなく、痛みを感じる「症状」のことを示しています。

坐骨神経痛にかかわる坐骨神経とは、末梢神経の中で一番太く長い神経のことを言います。

この坐骨神経が通っているのが、太ももの梨状筋の下からひざの裏辺りで、さらに行くと総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

神経が、腰椎からお尻の筋肉の間のどこかで圧迫を受けた場合に痛みを感じると坐骨神経痛となるのです。

整形外科外来において一番多い症状が腰痛ですが、ついで多いのが坐骨神経痛と言われています。

お尻から太ももに鋭い痛みを感じたら、一度整形外科に行ってみるとよいでしょう。
posted by 坐骨神経痛の原因と予防 at 06:00 | 坐骨神経痛とは